So-net無料ブログ作成
グルメ ブログトップ

バラッジャというイタリア産の米が話題沸騰!! [グルメ]

バラッジャ

イタリアはヨーロッパ最大のコメの生産国である。
健康志向の食通に人気の高級米を育てる小規模農家の台頭で、
ここ最近は輸出が急速に伸びている。

特にここで収穫されたコメは香り良く、リゾットとして美食家のテーブルに並ぶという。

「お金に余裕のある人たちの間で上品なお米として知られているんだ」と話すのは、
祖父母の代から受け継がれてきた約80ヘクタールの農地でコメ栽培に従事する
サンドロ・グェリーニ(Sandro Guerrini)さん。

グェリーニさんが作るコメは「バラッジャ(Baraggia)」という品種。
年間生産量は400キロと極めて少ないが、
欧州連合(EU)の品質保証ラベルのおかげで高値で取引されている。

ミラノの取引所によると、ベルチェリで栽培されている
別の品種「ビアローネナノ(Vialone Nano)」の卸売価格は、
トン当たり約2000ユーロ(約27万7000円。

これは世界銀行(World Bank)の食料価格指数の
トン当たり425ユーロ(約5万9000円)を大幅に上回る。

イタリア農業当局のデータによると、
ポー川(Po river)周辺地域の作付面積は25万ヘクタール。
2013年の生産量は160万トンだった。

欧州域内の主な輸出先は英国で、
13年の輸出量は4万5718トンで、2012年の3万2074トンから増加。
EU域外への輸出量でも、2012年の10万53トンから2013年は11万9510トンに増えた。
最大の市場はトルコで、輸出量が前年比139%増加。
ロシア向けでも47%増を記録した。
中国向けの輸出量はわずか25トンだったが、イタリアにとっては、
潜在的な可能性を多く秘めた市場とみられている。

国連貿易開発会議(UN Conference on Trade and Development、UNCTAD)は、
欧州産および米国産のコメ輸出増の背景には、
「先進国における新たな食習慣や、発展途上国でのニッチ市場」があると指摘する。

ベルチェリでガイドを務め、
地域の農業地帯を自転車で周るツアーを企画する
クリスチャン・フェラーリス(Cristian Ferraris)さんは、
この土地の土壌は稲作に非常に適していると説明する。
「この辺りは平地で、粘土質の土壌だから、水が表面にとどまりやすい」

イタリアの稲作の歴史は12世紀にさかのぼる。
カトリック教会に属するシトー修道会の修道士によってフランスから伝えられた。
ただ、イタリアで本格的に稲作が始まったのは、
イタリア・ルネサンス期に、
レオナルド・ダビンチ(Leonardo da Vinci)が設計したかんがい設備が導入されてからだという。









イタリア産のお米!
一度は食べてみたいと思いますね☆

国産と食べ比べしてみたいです!!


大勝軒とロッテリアがコラボ?元祖つけ麺バーガー!どんな評価?その場所は? [グルメ]

imgres-6.jpg

ロッテリアは人気つけ麺店の大勝軒と夢のコラボを果たした。
なんとその名も『つけ麺バーガー』!!えぇぇ〜。。w

六月中旬までの期間限定で価格は並650円、大盛り700円、特盛750円と割とリーズナブルな値段で提供するらしい。。(税込み)

imgres-7.jpg

場所は東池袋の大勝軒!
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2丁目42−8

日本の国民食と呼ぶにふさわしいラーメンとハンバーガーのコラボメニューということだが
アメリカンと中華。。な気がしてならない。
美味しいの??
麺をパティに見立ててバーガーとともに、つけ汁にダイブさせていただくらしい。

麺パティの枚数は「並」(1枚)、「大盛」(2枚)、「特盛」(3枚)から選べる。
特徴はというと、、

つるりとしたソフト感の中にもしっかりとしたコシがあり、もちもちとした食感の麺パティに下味をつけ、表面を軽く焼くことでバンズとのメリハリを付けた。
この麺パティと、りんご酢の風味と酸味を守りつつ、鰹節などの魚の旨味や豚骨、鶏ガラのコクがあるチャーシューだれ、マヨネーズとともにサンドすることで、食べごたえのある新感覚バーガーに仕上げている。

とのことだが、想像しただけでまずそうに聞こえる、、(失礼)

だが、ロッテリアは過去に麺屋武蔵とのコラボで麺屋武蔵ラーメンバーガー
なるものを提供している。

その経験値があっての今回のつけ麺バーガーなので
勝算があるにちがいない。

まわりの評価は、、
斬新!!めっちゃ食べたい!!など興味を示すものが目に付く。

目新しさで頼む人もいるだろうし、もしかしたら大人気商品!なんてことにもなるかもしれない。

5月20日からの発売なので今後も目が離せないつけ麺バーガー。
これで大勝軒の評判がおちなければいいが、、w

気になる人は東池袋の大勝軒にいってみては?




グルメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。