So-net無料ブログ作成

山崎まさよしボンカレーの歌が泣けると話題!!うたたね ボンカレーVer. [音楽]


山崎まさよしボンカレーの歌が泣けると話題!!


大塚食品株式会社のレトルト食品・ボンカレーとのコラボソング
「うたたね ボンカレーVer.」を山崎まさよしが制作。

この楽曲をお披露目する生ライブが昨日7月8日に都内で行われた!


この楽曲は“忙しく働くママのための応援ソング”と銘打たれたもの。
「こっち(お母さん)の気持ちを代弁してくれている、共感の歌。
それでいて泣けて、スッキリして、またがんばれるかなと思える歌ですよね!」
と、コラボソングに感動するこえもある。

また「うちの母もずっと働いていたので、なんで家にいないんやろ?
と当時は思ってましたが、共働きしていてくれたことには感謝の言葉しかないです」
と母のありがたみなどを語るかたもいる。

山崎まさよしも
「工場のお母さんたちが手間暇をかけて作っているものなので、
手抜きなどとは思わずに安心して食べてもらいたい」とメッセージを送った。
なお「うたたね ボンカレーVer.」を使用したスペシャルムービーがYouTubeにて公開されている。

それがこちら!!




じつの山崎まさよしらしい感動する歌にしあがっている。











ここで今一度母に感謝する時間をくれたことに
ありがたさをかんじる。


hitomiデキ婚で再婚!!三度目の正直!な結婚!【速報】 [音楽]

hitomiデキ婚で再婚!!三度目の正直!な結婚!【速報】


o045706861335499932631.jpg


女性歌手のhitomiさんが
本日ブログにて再婚していることを発表した!!


おめでとうございます☆

関係者によるとお相手は37歳の会社経営者で、
昨年9月に知人の紹介で知り合い、交際8カ月で結婚に至ったそうですね。








まぁいうなればスピード婚ですが
子供ができたみたいですね!!Wでお祝いです!


5月中に夫が1人で都内の区役所を訪ね、
結婚届を提出したといいます。


妊娠5カ月で11月中旬出産予定らしいですね。

性別は男の子でしょうか?
女の子でしょうか?
どちらにせよ元気に生まれてきてほしいですね^^

hitomiさんは、公式ブログで
「私hitomiは先月入籍をしました。お相手の方は一般の方です。
人柄的にはとても優しくて頼りになる…。向きあっていきたいです。
そして彼とチカラを合わせてあたたかく、明るい家族を築けたらと思っています」

と力強いコメントをしていました。

hitomiさんはこれで3度目の結婚となります。

三度目の正直となるか!
今いるお子さんのためやこれから生まれてくるお子さんの
為にも、幸せな家庭を築いてほしいです!!


hitomiさんは2002年に元GASBOYSのメンバーで
デザイン会社勤務の7歳年上男性と結婚されましたが、07年秋に離婚しました。

翌年6月には俳優の羽田昌義と再婚し女の子を生みましたが
11年12月に離婚していますね。


僕がhitomiさんで好きな曲を最後に♩




久しぶりに聴きましたが
テンションのあがる良い曲ですね^^♩


木根尚登 影武者はB'zの松本の真相。ギターは弾けませんでした、、、 [音楽]

TM NETWORKの木根尚登がテレビ番組で代表曲
「Get Wild」のギターは演奏していなかったと暴露しました。そして影武者を使っていたことも。。




なんだか悲しい感じですね、、

ファンはがっかりされたかたも
多いのではないでしょうか・・?

僕はTM NETWORK自体あまり聴かないので
そんなにショックではありませんが
アーティストとしてどうなのでしょう。。


com_and_blog.jpg


アーティストの口パク問題や
楽器の当て振りなどは度々問題になりますよね。。

最近はエアギターやエアバンドなど
話題になってますが、僕には正直よくわかりません。

まぁパフォーマンスの一環として
見ている人を楽しませるという目的なので
今回の件とは違いますよね。

今回の木根尚登さんの場合は
悪く言うと長年人を騙してきていたようなものです。

なので僕はあまりいい気分がしないですねぇ。。

名曲といわれるGET WILDも
なんだかダサく聴こえてきます。(ファンの方すいません)









さらに同曲で木根のかわりに“影武者”を務めたのが、
当時サポートミュージシャンとして参加していた
B’zの松本孝弘だったことも明かされました。

もともとはキーボード系担当だったという木根尚登氏。

TM結成にあたり、小室哲哉が、グループに2人のキーボード奏者はいらないと判断し、
木根尚登に「なんか、ギター弾いてたよね。エレキ(ギター)弾きなよ」指示されたそう。

小室哲哉もどうなの??
ちょっと信頼失います。。

「アコースティックギターしか弾いたことがない…」と心配する木根尚登に、
音出さなきゃ大丈夫だよ
と言われたらしい。。


木根尚登はギターの音は「B’zの松本君」と悪びれずに告白されました。

「最初のアルバムのレコーディングとかも…」と明かし、
松本がB’zでデビューする前の「4、5年」にわたり、
木根尚登の“影武者”をやっていたことを打ち明けましたね。。

音楽業界ってそんなもんなのかな?

本気で頑張ってる人たちがかわいそうになりますね。。


KICK THE CAN CREW復活!!11年ぶりにロッキン出演決定!! [音楽]

月2日(土)・3日(日)と同月9日(土)・10日(日)の4日間にわたって、
茨城・国営ひたち海浜公園にて開催される日本最大の野外ロック・フェスティバル
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 Supported by BOSE」に、
なんとかつて一世を風靡したHIPHOPグループ・KICK THE CAN CREWが出演することが明らかになった。
なんて嬉しいニュースなんだろう!!
KICK世代な僕はめっちゃみにいきたい!!



KICK THE CAN CREWは、初日となる8月2日(土)に出演! チケットは第3次抽選選先行受付が5月9日(金)より開始した。期限は同月14日(水)23:59までとなっている。

2004年6月に活動休止して以来、実に10年ぶり、ロッキンのステージにKICK THE CAN CREW名義で出演するのは11年ぶりとなるこの事態。まさかすぎる展開に、国内音楽シーンを歓喜の渦に包むだろうことは間違いない。
「KICK THE CAN CREW 新鮮な響きがします。楽しんでいきましょう!」(LITTLE)
「歌詞頑張って覚えます。」(KREVA)
「久々のKICK名義でのステージ よろしくお願いいたします。」(MCU)

出演に対する3人のコメント
KICK THE CAN CREWは、LITTLEさん、KREVAさん、MCUさんの3人からなるHIPHOPグループ。2001年に「スーパーオリジナル」でメジャーデビューを果たし、「イツナロウバ」、「クリスマス・イブRap」、「マルシェ」などの名曲を続々とリリースし、2002年には「マルシェ」で紅白歌合戦に初出場している。

その後もシングルの連続リリースなど、積極的な活動を続けるも、2004年1月にリリースされたアルバム『GOOD MUSIC』を残し、同年6月に行われた
「KICK THE CAN CREW LIVE 旅人~STEP IN THE DAY~」
をもって、惜しまれながら一時活動休止となった。

新たなスタートを切る3人
そんな3人は、活動休止後も個々でソロ活動を展開。KREVAさんにおいては、2014年6月18日(水)でソロデビュー10周年を迎え、同日にベストアルバム『KX』(ケイテン)をリリース。
さらに全国ツアー「KREVAライブハウスツアー2014『K10』」をスタートする。

また、LITTLEさんとMCUさんは、2人で新たなユニット・ULを結成し、3月にKREVAさんプロデュースでデビューアルバム『ULTRAP』をリリースしたばかり。5月17日(土)には、1stワンマンライブ「1st ONE MAN in WWW "ULTRAP RELEASE BASH!"」も控えている。

KICK THE CAN CREWとしての活動は、2003年の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」以来、11年ぶりとなる今回の出演。HIPHOPシーンのみならず、音楽シーン全体にとっても歴史的となるこの瞬間。見逃す訳にはいかないだろう。

クレバはソロ活動でもがっつり露出してたから常に見てたけど
MCUとLittleはなかなか見れなかったのでファンはたまらないね〜
てか二人でULなんてユニット組んでたんだ。。知らなかった。
これでまたキックなブームが来るといいな〜!!
イツナロウバ〜♩