So-net無料ブログ作成
検索選択

モーリス・ホワイト死因は何?まさかの・・・パーキンソン病? [報告]

スポンサーリンク




モーリス・ホワイト死因は何?まさかの・・・

アメリカのファンクミュージックバンド
『アース・ウインド&ファイアー』のバンドリーダーだった
モーリス・ホワイトさんが2016年2月3日に亡くなったというニュースが入ってきました。

年齢は74歳でした。
今の時代この歳で老衰とは言わないので、死因についてあちらこちらで噂が立っています。


世界的にも有名なバンドのメンバーが
亡くなったということでショックや驚きを感じている人も多いことと思います。

モーリス・ホワイトさんの弟でアース・ウインド&ファイアーの
メンバーでもあったヴァーディン・ホワイトさんは『
昨晩、眠っている間に息を引き取りました』
という声明を自身のフェイスブックに載せています。

死因がハッキリと発表されていませんが、
様々な憶測が飛び交っています。

モーリス・ホワイトさんは1997年にパーキンソン病を患っていました。

パーキンソン病の症状は安静時の
手足のふるえや手足の関節が硬くなる病気で
現在でも完全な治療法はまだないのです。

とても難病なのです。
今回亡くなったことと確実の因果関係は分かっていませんが
少なくとも全く関係なくはないみたいですね。

最後に弔いの意味も込めて
アース・ウインド&ファイアーの名曲を聴いて
お別れいたしましょう。











スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。