So-net無料ブログ作成

フェムケ・ファン・デン・ドリエッシュがモーター不正?真相は? [スポーツ]

スポンサーリンク




フェムケ・ファン・デン・ドリエッシュがモーター不正?真相は?

国際自転車競技連合(UCI)は31日、
UCIシクロクロス世界選手権(UCI Cyclo Cross World Championships 2016)
に出場したベルギー人女性選手の自転車から、
隠しモーターが見つかったと発表しました。

あの細いボディのどこにそのような細工をしたのだろうか。。

UCIは、トップレベルの大会でのこのような事例は史上初だとしています。







UCIのブライアン・クックソン(Brian Cookson)会長はこの日、
「技術的な不正があったことはまったくもって明らかだ。隠しモーターがあった。
それについて隠すことは何もない」と語ったそうです。

30日に行われたU-23女子の部に出場した
フェムケ・ファン・デン・ドリエッシュ
(Femke van den Driessche、ベルギー)の自転車は、
同選手がレースをメカニカルな問題により途中棄権した後、押収された。

これによって細工したことが発覚したよですね。

優勝候補だった19歳のファン・デン・ドリエッシュは、
隠しモーターのついた自転車を故意に使用したことを否定。

自分の自転車に似ているが、友人のものであり、
レース前に誤ってチームのスタッフが用意したと語った。

その真相はまだ明らかになっていないようだが、
一流がそのようなことに気がつかないことは
ありえないと思うのだが。。


ファン・デン・ドリエッシュはベルギーのテレビ局に対し、
「私の自転車ではありません。友達のもので、似ているんです。
友人は土曜日(30日)にコースを回って、トラックに自転車を置いたんです。
メカニックはそれが私のものだと思って、
きれいにして、私のレースのために準備したんです」と明かしました。

「ひどい気分です。大きな問題なのは分かっています。
調査に対する怖さはありません。私は何も間違ったことはしていません」

不正が認められれば、選手には失格や6か月の出場停止処分、
そして最高20万スイスフラン(約2400万円)の罰金が科されることになる。

やっていなければ冤罪だが、
言い訳にしかきこえないですね。

クックソン会長は、
「これについての可能性という話はこれまでも耳にしていた。
われわれは不正の可能性に敏感であり、
数か月にわたって何台もの自転車やいくつもの大会で調査を行ってきていた」と付け加えました。

「私にもUCIにも、どんな形の不正もしない選手たちを守る責任がある。
正しい選手がレースで勝てるように全力を傾けている」

「このようなテクノロジーに対しては、さまざまなテスト方法を調査してきており、
昨日も数台検査したところであの一台が見つかった。
今大会、そして今後の大会でも検査を実施していく」

と語りました。

「私にもUCIにも、どんな形の不正もしない選手たちを守る責任がある。
正しい選手がレースで勝てるように全力を傾けている」
という発言に込められている思いは、まともに努力している選手にとって、
意味のある言葉だと感じます。

スポーツや勝負事にはこういう不正がなくなる日は来るのだろうか。
過去にも
フェムケ・ファン・デン・ドリエッシュがやっていた可能性もありますし。

氷山の一角なのかもしれませんね。。

このような不正がなくなることを祈ります。 スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。