So-net無料ブログ作成

丸山桂里奈の同居人?どんな人物? [スポーツ]

スポンサーリンク




2011年になでしこジャパンの一員として、W杯を制した丸山桂里奈選手が、
引退に言及して話題となっています。

今回は、そんな丸山桂里奈選手を育み、支えてくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。


丸山桂里奈選手のお父さんの名前は、丸山敏雄さん。

年齢は、2013年5月の記事で66歳だったので、今年で69歳になります。

お父さんの職業は、今はもう定年退職されていますが、
料理人をずっと務めていました。

そのため、家でも台所に立つそうで、
丸山桂里奈さんが好きなお父さんの料理は「玉子焼き」。

ワールドカップで優勝した時も、帰国してまず食べたかったのが、
このお父さん手作りの玉子焼きでした。

お父さんは、丸山桂里奈さんが自分で決めたことに対しては、
必ず応援してくれます。

今でも、「変な男いないのか」
「変な男に何かいわれたりとかしてないか」と聞いてくるそうです。

あまりにしつこいため、丸山桂里奈さんは辟易としていますが、
父親としては、心配なのでしょうね!

丸山桂里奈選手のお母さんの名前は、丸山慶子さん。

年齢は、2013年5月の時点で56歳なので、今年で59歳、お父さんより10歳年下なんですね。

お母さんは現在、介護士として働いていますが、
昔の職業は、モデルだったみたいです!

そんなお母さんのことを、お父さんは「ネコ」と呼んでいます。

ねこに似ているんでしょうか?

ちなみにお母さんは、お父さんのことを「ウサギ」と呼び、
お父さんも喜んでいるそう。仲のいい夫婦なのですね!

幼少期、娘を「バレリーナにでも」と考えたお母さんを尻目に、
丸山桂里奈さんは男児に交じってサッカーを始め、メキメキと上達しました。

高校に上がるとき、ベレーザ昇格を蹴って、現・村田女子高校に進学を決めた娘には、
厳しい言葉を投げかけます。
レベルの高いところに行けるのに 弱い高校サッカーにいくんだ
と。。

ハッキリとモノをいう性格のお母さんにしてみれば、
高校サッカーがダメだという意味ではなく、「よく考えなさい」という事だったのでしょう。

しかし、丸山桂里奈さんが、急坂を連日のように百回ダッシュしているトレーニング姿を見て、
娘は大丈夫だと確信しました。

丸山桂里奈さんは、高3で全国3位になって頭角を現し、
日本体育大での活躍が女子日本代表へと繋がっていきます。

丸山桂里奈選手は、現在のところ独身。

以前、「現役の間は結婚はしない。引退してから結婚できればいいと思いますけども…」
と話していたので、そういう機運が高まりつつあるのかもしれません。

ブログに「同居人」が紹介されています。
真相はガチャピンや小人図鑑のキャラたちと戯れて遊んでいるだけです(^^;)


丸山桂里奈選手引退も気になりますね! スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。