So-net無料ブログ作成
検索選択

甲斐よしひろ 行列での実父の蒸発話が良い話すぎる。。 [タレント]

スポンサーリンク




imgres-1.jpg

5月11日行列のできる法律相談所に甲斐よしひろが出演した。
そんな甲斐が初めて父の話をした。

昔、甲斐家は福岡の清川にすんでいた。
理髪店やアパートを経営している裕福な家庭で育った。
週末になると家族みんなで外食に出かけた。

母は真面目で一生懸命働く人柄で
父は腕利きの職人。夜になると髪型をバシッと決めてマンドリンを演奏しにいく
とてもカッコいい父だった。

そんな甲斐家はラジオ、テレビも早くからあり、音楽には常に触れられていた。


そんなある日、夜中母親に起こされると
なぜかトラックの荷台に乗っけられた。
そこには、悲しそうな兄たちと父親が乗っていた。

夜逃げだ。
なぜかというと、保証人になった知り合いが突然蒸発したのだという。
莫大な借金がふりかかり、経営していた理髪店やアパートはすべて
取り押さえられたという。


そして福岡の田舎に引っ越し、ひもじい生活を余儀なくされた。

それから一年後、、
ギリギリの生活に絶えられなくなった父親が蒸発。

家族は、もっと苦しい生活になっていく。

そして10年の月日が経とうとしていた。

すると、目の前には当たり前のように居座る父の姿が。。

最後に見たのは六歳の頃。

だが甲斐には一目でそれが父親だとわかった。







なぜ今更帰ってきたんだ?
と母や兄弟の苦労を考えると自然と父にパンチが飛んだ。

それから甲斐と父の間には確執が生まれた。

そして21歳の頃そのまま甲斐は、メジャーデビューを果たし、上京する。

その名もかの有名な甲斐バンド。

それから長い月日がたち、父が他界した。
その時、甲斐がとてもびっくりしたのが、どんな苦しい時も大変な時も
涙を見せなかった母が大きな声をあげて泣いたのだ。

なぜあんなに苦労をさせられたのに。。
と思ったらしいが
それほど母は父の事が大好きだったのだ。

父が他界してから兄達に色々聞いたのだが
帰ってきた理由は長男が迎えに行ったらしい。母親も兄達も父を欲していた。

そして、
父は甲斐の事を心から応援していたのだという。
自分もミュージシャンを目指していたから本当に嬉しかったのだとか。

そんな父が甲斐バンドで一番好きな曲は

デビュー曲のバス通り。



マンドリンの演奏から始まっている。
これに関して甲斐は偶然だと話していたが、実際はかなりの思いがあったと感じた。

父はこっそり甲斐のコンサートにも駆けつけたりもしていた。

そして亡くなる間際まで甲斐を抱いた写真を大切に持っていたのだとか。

本当はずっと申し訳なく思っていたのだ。
父親と息子ってなんて不器用な生き物なのだろうか。

兄の話によると
甲斐よしひろが一番父に似ていた。 スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。